浮き輪肉とフラフープ

あなたは、フラフープを覚えていますか?

一定の間隔で、ブームが来ては忘れ去られ、そして又ブームが来るを繰り返している健康器具です。

「子どものおもちゃ」と言う認識の人も少なくないですよね。

そんなフラフープ、ブームが何度も訪れるのには理由があるのですよ。

フラフープは、腰でわっかを回すだけの単純な動作が売りの健康器具です。
最近では、浮き輪肉を落とす方法としてもフラフープが話題になっていますよね。

フラフープは、単純ですがずっと回し続けるのは意外と大変なんですよ。

このフラフープ、ダイエットにとても効果的なんです。

そもそもフラフープは、腰周りの贅肉を解消してくれることで有名です。
もちろん、浮き輪肉対策にも使えます。

浮き輪肉がつく原因については【浮き輪肉の原因は?意外なことに姿勢にあり!】を読んでくださいね。

フラフープは、基本的には10分間続けて回し続けて下さい。

ただ回すだけなので、TVを見ながらや音楽・ラジオを聴きながら行うと良いですよね。

この10分間のフープ回しで、だいたい100kcalの消費が期待できます。

100calは、10分間ランニングした時のカロリー消費量とほぼ同じなんですね。

フラフープを回す運動は、有酸素運動になります。

有酸素運動は脂肪燃焼効果が高いので、ダイエットに最適と言われていますよね。

フラフープを10分回す運動を1日2回、朝と晩に継続して行う事で、かなりのカロリー消費が期待できるのです。
もちろん、自分の体力に合わせて行うことは大切です。

フラフープはカロリー消費が多いだけではありません。

お腹周りの腹斜筋を鍛えることができます。

また、お腹や腰のインナーマッスルを鍛えることもできるのです。

腹斜筋などの筋肉を鍛えれば、ウエストにくびれを作ったり内臓下垂を防いだりすることができます。

また、腰周りお腹周りの筋肉を鍛えることで、骨盤の歪みが解消し姿勢が良くなります。

骨盤の歪みが解消され姿勢が良くなることは、お腹周りのお肉を解消するのにとても大切です。

姿勢の悪さや骨盤のゆがみは、筋肉量の低下を招きます。

筋肉量の低下は新陳代謝の低下を招くのです。

また、筋肉が弱いため内臓を支えることができず、下垂を起こしてしまうと、ぽっこりお腹の原因にもなります。

ぽっこりお腹と骨盤のゆがみ、姿勢の悪さ、筋肉量の低下、浮き輪肉はそれぞれ関係し合っているのですね。

そのため、フラフープを使って腰周りお腹周りの筋肉を鍛えてあげると、内臓の下垂が解消され、骨盤のゆがみ、姿勢の悪さが解消するのです。

筋肉量が増えるので基礎代謝能力も上がり余分な脂肪が燃焼します。

そして、お腹周りの浮き輪肉も解消されると言う訳なのです。

筋力が回復し、姿勢もよくなり、下垂も解消されるので、腸の働きが改善され、便秘解消にも繋がります。

多くの悩みが一度に解消される可能性を秘めているのですね。

お腹周りが気になりだした人は、一度フラフープにチャレンジしてみて下さい。