浮き輪肉とバランスボール

腰周りについてしまった浮き輪肉。

見た目も悪いですし、スカートやパンツが履けなくこともありますよね。

そんな浮き輪肉を解消するために、バランスボールを使う方法があります。

まず、どうして浮き輪肉が出来てしまうかを理解しましょう。

もちろん、余分な贅肉が付いてしまうということは、余分な油分や糖分を摂取してしまっているからです。

その上で浮き輪肉の多い人の特徴の一つに、姿勢のゆがみがあります。

猫背や反り腰、骨盤の歪みを持っている人の多くが、浮き輪肉に悩んでいます。

なぜならば、猫背や反り腰、骨盤のゆがみはお腹周りの筋力を低下させてしまうからです。

元々お腹周りは、大切な臓器を守る為に脂肪が付きやすい部位と言われています。

その上、姿勢のゆがみによって筋力が低下し新陳代謝能力も低下しているので、お腹まわりに脂肪が付きやすい体質になってしまっているのです。

浮き輪肉を解消する場合、食事の改善も大切ですが姿勢を正すことがとても大切なのです。

そこで使用するのが、バランスボールです。

バランスボールは、お年寄りや怪我をした人などがリハビリに使ったりする事もある運動器具です。

座ったり、寝転んで足を乗せたり、足で挟んで立ったり、自分の状態や筋力に合わせて運動することができます。

最近では、ダイエットのアイテムとしても使用されていますよね。

ドンキや、大型スーパでも手軽に購入できるようになりました。

では、バランスボールを使った浮き輪肉を解消する方法をいくつかご紹介しますね。

バランスボールで浮き輪肉を撃退する方法!

もっとも簡単な方法の一つが、バランスボールに座ることです。

「ボールの上に座るくらい簡単。」だと考える人がとても多いと思います。

ですが、筋力の弱い人はバランスボールの上にずっと座っていることがとても難しいのです。

バランスを取りながら座り続けるためには、一定の筋力が必要になるからなんですね。

バランスボールに座り続けることによって、自然とお腹周りや脚の筋力が鍛えられます。

また、姿勢が悪いとバランスボールに座り続けることが難しいです。

ですので、自然と姿勢を良く保とうとします。

バランスボールに座るだけでも、筋力アップと姿勢の改善が期待できるのですね。

少し強めのトレーニングとして、仰向けに寝た状態で小さめのバランスボールを足に挟んで持ち上げるトレーニングがあります。

これは、腹筋だけでなく、太ももやお尻の筋肉も刺激してくれるので、引き締め効果を期待できます。

また、バランスボールの上に仰向けで寝転がるだけでも、大きな効果があります。

身体のストレッチにもなりますし、バランスを保つための筋力トレーニングにもなります。

他にもまだまだ、バランスボールを使ったトレーニング方法は多くあります。

最初は簡単な方法から筋力をあげていきましょう。

また、バランスボール以外にも浮き輪肉を落とす方法もあります。
詳細は【浮き輪肉を短期間て落としたいのなら、やっぱり運動!】を参考にしてください。

続けるうちに、浮き輪肉を解消することができますよ。