産後の女性は、自分自身の体もまだ正常に戻っていない中、赤ちゃんのお世話をしなければなりません。

体がきつくても、赤ちゃんは待ってはくれないので本当に大変な状況もあります。

産後の骨盤ケアを怠ると後々取り返しのつかない事態に発展してしまうかもしれません。

子供のころ、こんなに小さいお母さんの体からよく赤ちゃんが出てきたなと不思議に思ったことはありませんか。

実は、出産の際、母体の骨盤は大きく開きます。

赤ちゃんを産むために骨盤の開きは絶対に必要なのですが、出産が終われば自然とすぐに戻るというものではないのです。

骨盤が大きく開いている体で、抱っこをしたり、添い寝をすると腰痛や肩こりが悪化してしまいます。

また、走ることが困難だったり、腹筋がうまく使えないケースも多いです。

こういった日常生活の支障を少しずつ取り除くために、骨盤ケアは必要になってきます。

骨盤ダイエットでは、そうした骨盤の歪みからくる体のトラブルと、妊娠中に太ってしまったボディラインの引き締め効果の両方が期待できます。

さらに、骨盤ケアは子宮脱や子宮下垂などの産後に起こりがちな内臓のトラブルも予防することができます。

一つ注意しておきたいのは、産後すぐに痩せたいからといって早々にダイエットを行うのは禁物です。

産後は、少なくとも1ヶ月間は体を安静にして下さい。

無理をすると返って問題が深刻化する場合もあるので、骨盤ダイエットは出産した1ヶ月後から徐々に始めてみましょう。

体に負担のかからない、お家で簡単にできるエクササイズがたくさんあるので、赤ちゃんが寝ている間に行うことできます。

正常な健康状態の時でさえ大変な育児です。
産後の女性には、赤ちゃんと同じように自分の体のケアにも少しでも目を向けていただきたいです。

産後だからこそ、あせらずに!でも確実に!

産後の女性が、骨盤の歪みからくる体のトラブルに悩んでいます。

気軽に始められる骨盤ダイエットは大変人気ですが、一体どれくらいで効果があらわれるのか気になりますよね。

骨盤ダイエットの目標到達点は人により異なりますが、長い歳月をかけて徐々に歪んでしまった骨盤は1日、2日では治りません。

お腹周りのたるみや下半身のむくみなどを引き締めて、美しいボディラインを目指すには、最低でも2週間は続けてみましょう。

その時点で理想的なボディになっていなくても、始めたときよりは少し変化があると感じられるならばやり方は間違っていません。

骨盤の歪みが改善されると、あまり意識しなくても自然と美しい姿勢が保てるようになります。

あとは筋肉がつくエクササイズにチェンジして、骨盤周りのインナーマッスルを鍛えれば正常な位置に戻った骨盤をサポートできます。

ただし、骨盤の歪みが無くなっても安心はできません。

そもそも日常生活の癖によって骨盤は歪んできてしまうので、それらの癖を直さなければまた同じことの繰り返しになってしまいます。

女性は、男性よりも骨盤が開きやすく歪みやすいです。

特に出産は、骨盤に影響を与えるので、産後のケアは慎重に行う必要があります。

産後の骨盤ダイエットは、効果があらわれるまでは毎日定期的に続けましょう。

そしてダイエットに成功したり、腰痛などの体の不調が治った後もメンテナンスの為に週に1回や月に1回は行うのがポイントです。

産後の骨盤は、時間をかけてゆっくりと閉じていくので、焦らず無理をしないで数ヶ月かけて戻していきましょう。